合同会社はどの様に略す? 銀行での送金時にはどの様に略せば良い?

英語での表記方法と事例をご紹介します。

合同会社の略称

「株式会社」を略す場合であれば、

  株式会社ABC → (株)ABC
  ABC株式会社 → ABC(株)

では「合同会社」の場合は?

  合同会社ABC → (同)ABC
  ABC合同会社 → ABC(同)

と、(同)と付けるのが正解です。

合同会社なので、頭文字を取って(合)としたいところですが誤りです。

理由は「合」の付く法人名称が他に2つあり、区別が付かなくなるからです。

ちなみに、

  合名会社 → (名)
  合資会社 → (資)

と、共に2文字目を取っており、合同会社と同様です。

銀行に用いる合同会社の略称

銀行に用いる略称も、上記の略称と同様のパターンで、

  合同会社ABC → ド)ABC
  ABC合同会社 → ABC(ド

の様になります。

あまり馴染みが無いので、相手も分からないだろうから...

などの理由で送金時に略さずに「ゴウドウガイシヤABC」と書いて送金してしまうと、受取人側の通帳には字数制限の関係で、送金元の社名が見えなくなってしまう事もあります。

頭に合同会社が付く社名の場合は、受取人側に迷惑をかけない様に送金時には「ド)ABC」の様に略称を使用する事をオススメします。

合同会社の英語での表記

海外との取引だけでなく、クレジットカードの作成時、ドメイン取得等の際にも必要になるのが英語表記です。

株式会社の場合であれば、商号の末尾に「Co.,Ltd.」や「Inc.」を付けます。

合同会社の場合は、どうなるのでしょうか?

元は、アメリカ合衆国各州の州法で認められるLLC (Limited Liability Company) をモデルに導入されたので、

日本版LLCともいわれています。

そこで、法人名を英文表記する場合には、

  ABC Limited Liability Company
もしくは、頭文字を取って商号の末尾に「LLC」を付ける形で、
  ABC LLC

とします。

Limited = 限定された(有限の)

Liability = 責任

Company = 会社

合同会社の英語表記、大手企業では?

「LLC」を付けるのが多い様ですが、大手では違う場合があります。

幾つか例を挙げてみたいと思います。

 

「LLC」を付けている法人

  ユニバーサル ミュージック合同会社 → Universal Music LLC
  フジテレビラボLLC合同会社 → Fuji TV-lab,LLC

 

「GK」と付けている法人

  合同会社西友 → Seiyu GK.
  EMGマーケティング合同会社 → EMG Marketing G.K.
  アマゾンジャパン合同会社 → Amazon Japan G.K.
  シスコシステムズ合同会社 → Cisco Systems G.K.
  ソフトバンクグループジャパン合同会社 → SoftBank Group Japan GK

GKは、Goudo Kaisha の頭文字を取って付けている様です。

 

「Inc.」を付けている法人

  Apple Japan合同会社 → Apple Japan, Inc.

 

「Ltd.」を付けている法人

  コダック合同会社 → Kodak Japan Ltd.

こちらは、Limited Liability Company の「Limited」にフォーカスして、「Ltd.」と付けている様です。

因みに株式会社の場合は、Co. Ltd. と付けていますが、Company. Limited. の略称で有限責任会社となり、合同会社と同様の意味になります。