申請用総合ソフトは、Adobe Acrobat と、PDF署名プラグインを使用して、定款に電子署名を行う場合に必要になるソフトです。

厳密には、申請用総合ソフトの一部のモジュールが必要になるだけの様なのでが、インストールを行わないまま電子署名を行おうとすると、作業の途中で次の様なエラー画面が出てしまいます。

申請用総合ソフトは、無料でダウンロード出来ます。

それでは、インストール手順をご紹介します。

「申請用総合ソフト」インストール作業の前に

「申請用総合ソフト」のインストールを行うには、あらかじめ .NET Framework がインストールされていることが必須になっています。

※詳細は、申請用総合ソフトのダウンロード ページにある 申請用総合ソフトREADME をご覧下さい。

私の環境では既に .NET Framework がインストールされていたので、インストール説明を作成する事が出来ませんでした。解説は省略させて頂きます。

インストールされているか分からない方は、申請用総合ソフトのインストール途中でエラーが出ると思います。
もしエラーが出たら.NET Frameworkのインストール を行ってから、申請用総合ソフトのインストールに進んで下さい。

「申請用総合ソフト」のインストール方法

申請用総合ソフトのダウンロード より、「申請用総合ソフト」をダウンロードして下さい。(2019年2月13日現在、バージョンは 5.5A です)

ダウンロードした、ShinseiyoSogoSoft.application を実行します。

実行すると、次の様な画面が表示されますので、インストールを押します。

インストールが始まります。
インストール作業は、ネットに繋がっている環境が必要です。

次の様な画面が出たら、とりあえず「はい」で良いと思います。

更新が終わったら、OKを押します。

ショートカットの作成を聞かれるので、とりあえず「はい」を選びましょう。
不要であれば、後で消せば良いので..。

「はい」を押します。

次の画面が出てきますが、使いませんので「キャンセル」を押します。

「はい」を押します。

この画面も不要なので、「閉じる」を押します。

この画面も不要ですので、右上の×印を押して閉じます。

以上で完了です。

Adobe Acrobat での電子署名の際には、このソフトは直接起動しません。
インストールされていれば良いだけなので、署名が終わったらアンインストールしてもOKです。